#キャンプスタイル研究中

オシャレキャンパーを目指して研究する日々の記録

シェルフコンテナの天板を自作する


先日のローテーブルの紹介でも少し登場したシェルフコンテナの詳細を書きたいと思います。

www.camp-style.site

キャンプギアの収納に必要なギアボックスですが、人気の高いスノーピークのシェルフコンテナとその天板について紹介します。

初期の頃に使っていたギアボックス

キャンプを始めたばかりの頃、クッカーやバーナーなど細かいギアはホームセンターの折りたたみコンテナを使っていました。

 

  

 安いのでいいのですが、さすがにサイトに置いた際にかっこよくありません。

キャンプサイトが倉庫の棚みたいになります。

おしゃれなサイトを目指して ホームセンターのコンテナは卒業することにしました。

シェルフコンテナ25

キャンプギアの収納はRV BOXやトランクカーゴなど色々ありますが、やはり見た目で一番かっこいいのはスノーピークのシェルフコンテナではないでしょうか。

スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ 25 UG-025G

スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ 25 UG-025G

  • 発売日: 2015/01/01
  • メディア: スポーツ用品
 

 かっこいいけど、値段が高いので躊躇します。

しかし、買ってみるとやはりいい!

ただの入れ物なのに置いていて絵になります。

 

一般的なファミリーカーのトランクに積み込むには、シェルフコンテナ50ではなく25のサイズの方がいいと思います。

天板の自作

シェルフコンテナに天板があると、ローテーブルの代わりやちょっとした荷物置きになります。

ガレージブランドなどでもシェルフコンテナに対応する天板が売られていますが、せっかくなので自作してみることにします。

ホームセンターに行って、厚さ10mmのパイン集成材を、430×310mm で切り出してもらいます。

次に、サンダーで表面をなめらかにし、角を丸めます。

そのままでは色が薄いので、アンティークワックスを塗ります。

いい感じの色になりました。

最後に、天板がずれないように裏に突起をつくります。

オススメはゴム足

一番初めに作った天板の裏側には木の端材をつけていました。

しかし、その端材が少々大きく中身の荷物に当たって天板が閉まらないという事が多々ありました。

そこで、オススメしたいのがゴム足です。

突起の部分が小さくなり、ピッタリ収まる上、中身と干渉しないのでバッチリです。

結論

シェルフコンテナは置いておくだけでサイトがかっこよくなるだけでなく、天板を組み合わせることで利用用途が広がります。

しかも、家の中に置いてもこのデザインなら家族から文句が出ることはありません。

現在わが家では、シェルフコンテナ25を3つ購入し、2枚天板を自作して使用しています。

 

一時期品薄でしたが最近は在庫も復活しており、もし迷っているならぜひ購入をオススメするキャンプギアになります。